小児科

小児科について

小児科イメージ

私は小児科専門医です。小児科の診療においては幅広い視点が必要とされます。お子様は日々成長して変化していくためそれに合わせた見方が必要とされるからです。また、周囲にいる保護者様のお気持ちに寄り添うことも必要とされます。専門医という立場からよりよい診療を提供していくことができればと考えております。

お子様の日々成長し変わっていく姿を見られることはとても嬉しいことです。しかし、同時にはじめてのことも多く不安を抱えられることもあるかと思います。不安なこと、聞きたいことがあったらクリニックにお越しいただければと思います。少しでもクリニックが皆様のお役に立てることを願っております。

下記のようなお子様の体調不良や病気、様子の違和感について幅広く診療いたします。

  • 発熱、ひきつけ
  • せき、鼻みず、鼻づまり、のどの痛み
  • ぜーぜー、ヒューヒュー
  • 腹痛、おう吐、下痢、便秘
  • 食欲がない、機嫌が悪い
  • ブツブツが出た、肌がカサカサ
  • おねしょ(夜尿症)など

お子様の状態や症状をなるべく詳しくチェックし、しっかりと経過を把握しておくことが大切です。以下のような事柄についてまとめておきますと診療がスムーズに進みますので、もしも可能でしたら、ご協力ください。

  • どのような症状があるか?
  • いつからでてきてどのようにかわってきたのか?
  • 熱はどのような経過であったのか?
  • 今飲んでいるお薬はなにか?
  • まわりで流行っている病気はないか?

経過表もありますので下記よりご自由にダウンロードいただきご活用いただければと思います。

お子様の具合がとても悪い場合

お子様の具合がとても悪い場合

診療は原則として順番通りに行いますが、下記のような症状がある患者様の場合はすぐに対応致しますので、看護師や受付事務までお申し出ください。

  • おう吐を繰り返している。
  • けいれんしている、またはその直後である。
  • うとうとしていて反応が弱い、ぐったりしている。
  • ぜーぜーやヒューヒューがひどい、呼吸が苦しそうである。

また、このような症状のお子様がいらっしゃる場合には、診察の順番が前後することもございます。皆様のご理解とご了承をお願いいたします。

鼻汁吸引

鼻汁吸引機

小さいお子様は鼻をかむことができないため鼻水を吸ってあげることは症状改善に有効です。なかなかご家庭では吸いきれないこともあるかと思います。

当院では鼻汁吸引機を用意しております。鼻を吸ってもらいたいときはお申し付けください。もちろん診察の際に必要と判断した際にはこちらから鼻汁吸引機で鼻水をとることを お伝えさせていただきます。

診療カレンダー

11月
29
診療
30
休診
31
診療
01
診療
02
診療
03
祝日
04
17時
05
診療
06
休診
07
診療
08
診療
09
診療
10
診療
11
休診
12
診療
13
休診
14
診療
15
午後休
16
診療
17
休診
18
休診
19
診療
20
休診
21
午前休
22
診療
23
祝日
24
診療
25
休診
26
診療
27
休診
28
診療
29
診療
30
診療
01
休診
02
休診
12月
26
診療
27
休診
28
診療
29
診療
30
診療
01
休診
02
休診
03
診療
04
休診
05
診療
06
診療
07
診療
08
診療
09
休診
10
診療
11
休診
12
診療
13
診療
14
診療
15
休診
16
休診
17
診療
18
休診
19
診療
20
診療
21
診療
22
診療
23
祝日
24
祝日
25
休診
26
診療
27
診療
28
休診
29
休診
30
休診
31
休診
01
祝日
02
休診
03
休診
04
休診
05
休診
06
休診

診療時間

休診日:火曜、第1・第3土曜、日曜、祝日
☆:第1・第3土曜は休診
9:00 - 12:00
14:00 - 17:00

アクセスマップ

あかりこどもクリニックへのアクセスマップ