クリニック紹介

インドアビュー

クリニック概要

当院は地域に根差した子どものためのクリニックとして開業させていただきました。子どもはそれぞれ大きな未来を持っています。小さくて一人で歩くこともできなかった子どもはやがて成長していろんなことができるようになります。

変化していくからこそ初めて経験することも多く迷いや不安がいっぱいあります。

私も3児の父親ですが様々な不安を抱えながらここまでやって参りました。病気を治すことだけではなく親御様の様々な不安に寄り添っていくことも大切であると考えており、当クリニックはその窓口になれれば幸いです。

子育てには不安が伴います。親も少しずついろいろな経験をしながら「親」になっていくと思います。よくいつ小児科を受診したらよいのでしょうと聞かれることがあります。何か不安があればお越しください。少しでもこのクリニックが皆さまの子育ての一助になれればと思っております。

あかりこどもクリニックの由来

「あかり」とは、明るい光や光線を表し、月明かりや雪明りなど強い光ではないが心の底に届くような温もりのある優しい光をイメージします。また、あかりは「灯」と書く場合もあります。こちらは「ともしび」とも読むことができ、「ともしび」は人がともした火です。「ともしび」もまた強い光ではないがその優しい光は人を癒し人に勇気を与えてくれます。

子どもたちには大きな未来があります。希望があると同時に不安も抱えています。少しでも地域の子どもたちの「あかり」になれればという気持ちから名前を付けさせていただきました。

マスコットキャラクター
あかりちゃんときいぼう

あかりちゃんときいぼう

あかりちゃんがみちをあるいているときいぼうくんがないていました。
しんぱいになったあかりちゃんはちかづいてこえをかけます。
どうしたのだいじょうぶ?とやさしくこえをかけました。
なんでないているのかをきいてもわかりません。

それでもいたいところないといってさすってあげたりなみだをふいてあげました。
なきやまないきいぼうくんでしたがそれでもあかりちゃんはなかないで
えがおになるようにいっしょうけんめいいろんなことをしました。

すると、あかりちゃんのむねのあたりにちいさなあかりがともりました。
そのあかりはけっしてまぶしくないのですが
こころのなかにとどくようなやさしいあかりでした。

そしていつのまにかきいぼうくんは
なくのをやめてえがおになっていました。

あかりちゃんはあらためてなんでないていたの?ときくと、
きいぼうくんはこたえました。

「しんぱいなことがあったんだ。でもいまはなにがしんぱいだったかおぼえていない。
いつのまにかあかりちゃんにともったあかりをみているうちに
ふあんがとれて“きぼう”がもてるようになったんだ。」

あかりちゃんがいっしょにおうちにかえろうといいました。

きいぼうくんはあかりちゃんのてをしっかりにぎりました。

ふたりはなかよくあるいていきました。

施設案内

待合室
待合室
診察室
診察室
授乳室
授乳室
多目的トイレ
多目的トイレ
洗面所
洗面所
隔離室
隔離室
診察室(隔離室用)
診察室(隔離室用)
予防接種待合室
予防接種待合室
駐車場
駐車場

メディア掲載

自由学園100人の卒業生+

「自由学園100人の卒業生+」という自由学園100周年記念の企画にWeb掲載されました。
» 詳しくはこちら

ママトコドモト2017年秋冬号

ママトコドモト2017年秋冬号に当院の紹介記事が掲載されました。
» 詳しくはこちら(画像にリンク)

もんみや2017年8月号

もんみや2017年8月号に当院の紹介記事が掲載されました。
» 詳しくはこちら(PDFにリンク)

連携医療機関

当院はクララクリニック様と医療連携を行っています。

私たちもお世話になったクリニックでもあります。きれいで落ち着いた建物。リラックスできる空間。出産前の不安な気持ちへの寄り添い。出産の瞬間の私たちの喜びへの共有。出産後も訪れると子どもの成長を喜んでくれる。そのようなクリニックです。退院の際は感謝の気持ちでいっぱいであったことを覚えています。私たちがはじめてお会いしてから時が流れました。地域に根差し心に寄り添った医療を一緒にやって参りたいと思っています。

当院は獨協医科大学病院様と医療連携を行っています。

獨協医科大学病院医療連携協力施設認定証

大学病院へはより専門的な治療が必要な方を主にご紹介させていただいております。

当院は新小山市民病院様と医療連携を行っています。

新小山市民病院地域連携協力施設認定証

市民病院へは外来治療が難しく入院が必要な方を主にご紹介させて いただいております。また、リスクが高く入院での食物経口負荷試験が必要な方もご紹介させていただいております。

当院は栃木医療センター様と医療連携を行っています。

栃木医療センター医療連携協力施設認定証

院長は2017年3月まで栃木医療センターで勤務しておりました。栃木医療センターは宇都宮の小児アレルギー専門病院です。食物経口負荷試験も活発に行なっております。
院長は現在も同病院で非常勤として働いており入院食物経口負荷試験とアレルギー専門外来を行なっております。入院での食物経口負荷試験はより食物アレルギー症状発症のリスクが高いお子様や保護者様の不安が強いときなどに適応となってきます。ご希望の際にはご相談ください。
※栃木医療センターの食物経口負荷試験実績

診療カレンダー

1月
31
休診
01
祝日
02
休診
03
休診
04
休診
05
休診
06
休診
07
休診
08
休診
09
診療
10
診療
11
診療
12
診療
13
休診
14
祝日
15
休診
16
診療
17
診療
18
診療
19
休診
20
休診
21
診療
22
休診
23
診療
24
診療
25
診療
26
診療
27
休診
28
診療
29
休診
30
診療
31
診療
01
診療
02
休診
03
休診
2月
28
診療
29
休診
30
診療
31
診療
01
診療
02
休診
03
休診
04
診療
05
休診
06
診療
07
診療
08
診療
09
診療
10
休診
11
祝日
12
休診
13
診療
14
診療
15
診療
16
休診
17
17時
18
診療
19
休診
20
診療
21
診療
22
診療
23
診療
24
休診
25
診療
26
休診
27
診療
28
診療
01
診療
02
休診
03
休診

診療時間

休診日:火曜、第1・第3土曜、日曜、祝日
☆:第1・第3土曜は休診
9:00 - 12:00
14:00 - 17:00

LINE@を始めました

LINE@を始めました

クリニックと患者様との情報共有の場として活用していこうと思っております。
LINEID (@uag3138a)

アクセスマップ

あかりこどもクリニックへのアクセスマップ